ネット通販での詐欺に遭ったら弁護士や税理士に相談を

今では、昔のように物を買うときにお店へ出向いて、商品をみて買う事の方が少なくなりました。
インターネットが多く普及した事から、インターネットでも商品が簡単に注文出来て、自宅まで届けてくれるシステムが流行しています。
しかし、インターネットの普及率に比例して、インターネットを使った詐欺行為や、詐欺被害も増えてきました。
最近発生しているトラブルで一番多いのが、個人間の取り引きが出来るインターネットオークションです。
昔で言うと、フリーマーケットの様な物で、お店や業者を通さずに、個人間で商品を取り引きするシステムです。
しかし、個人間だからこそトラブルは増えてきました。
たとえば、商品を売ろうとして、相手に商品を発送したのにも拘わらず、代金が振り込まれない、もしくは逆のパターンで商品の代金を払ったのにも拘わらず商品が送られてこない、明らかに別の商品が送られてきた、指定の商品だったけど壊れていたケースです。
この様な多くあるトラブルでは中々警察は動いてくれません。
そこで弁護士に相談する方法が確実です。
まず弁護士を選んで、インターネットオークションでのトラブルを説明する事で、弁護士が自分と相手との間に立ってくれて、事を解決に導いてくれます。
自分で連絡を取っても、言い逃れをされたり、門前払いをする様な相手でも、法律のプロである弁護士が前では太刀打ちが出来なくなり、商品代金の支払いに応じたり、壊れていない新しい商品を送ってきてくれたりするケースもあります。
中には頑固な相手で、それでも連絡を絶っている、支払いに応じない場合は、裁判も弁護士の元、起こすことができます。
普通の人の場合だと、裁判の方法や掛かる費用等分からないでしょうが、裁判で相手の非が完全に認められた場合、弁護士の費用や、裁判に掛かった費用はすべて相手に負担させる事も出来るので、弁護士に相談する事で金銭面でも得をする事が出来ます。
まずは相談へ行きましょう。